Canバッチgood!

こまったときは

カンバッチがうまく作れません取扱説明書はこちら

  • バッチ素材は正しくセットされていますか?
  • ★バッチの下パーツは内側を上にして、上パーツは表側を上にしてセットします。取扱説明書の図を参考にして正しく行ってください。
  • ★バッチの上パーツは、金属のリングに合わせて水平になるように丁寧にセットしてください。
  • ★デザインシートと透明シートはホルダーからはみ出さないように丁寧にセットしてくだい。
  • 台座パーツを本体に挿入するとき
  • ★セットした素材がずれたり、上パーツが磁石にくっついて曲がってしまわないように、台座パーツはやさしく丁寧に本体に挿入してください。
  • ★台座パーツを本体に挿入するときに、大きく振動させたり、強い衝撃を与えたりすると中でセットした素材がずれてしまう場合があります。その時は一度台座パーツを取り出して、素材が正しくセットされているか再度確認してから作業を進めてください。
  • ★台座パーツをセットしてから、ハンドルを回し始めるまでに本体を横にしたり、ゆすったりすると、中でセットした素材がずれてしまう場合があります。台座パーツを本体に挿入したら、本体は揺らさず真っ直ぐのままハンドルを締めていってください。
  • ★時期や使用環境によって、静電気の影響でシート素材がずれてしまう事があります。透明シートやデザインシートが手やCanバッチgood!本体にくっついたりした場合は、静電気が発生しています。部屋を加湿する等して、静電気が発生しづらい環境で作成してください。
  • ★静電気を帯びていると右図のようにシート素材が本体に貼りついてしまう事があります。再度、シート素材を正しくセットし直してください。
  • ハンドルを回す時は
  • ★正面の切り替えレバーが正しい位置にあるかご確認ください。1回目は右側の○にレバーがある事を、2回目は左側の○○にレバーがある事を確認してからハンドルを締めて行ってください。
  • ★ハンドルを締める時は、カチカチッっとなるまでしっかりと回してください。どうしても固い場合は大人の人に手伝ってもらいましょう。
  • ★急いでハンドルを回すとバッチがうまく出来ないことがあります。ハンドル操作はゆっくりと確実に行ってください。
  • ★ハンドル操作中に、誤って切換えレバーが動かないように注意してください。
  • ★台座パーツをセットしたら本体を持ち上げたり、斜めにしたり、衝撃を与えたりしないでください。
  • 専用デザインサイトからオリジナルデザインを印刷するとき
  • ★印刷データはPDFにて生成されますので、Adobe Acrobat Readerをインストールされてない方はコチラからインストールしてください。
  • ★デザインシートを印刷する用紙は「A4」に設定してください。
  • ★「デザインシート」を印刷する際は必ず倍率を100%(実際のサイズ)に設定されている事をご確認ください。
  • ★作成したPDFデータを残したい場合は必ずご自身のパソコンに保存してください。専用デザインサイト上には保存されません。
  • ★スマートフォンやタブレットをプリンタとつなぐ方法は、お持ちのプリンタの取扱説明書をご確認ください。
  • その他
  • ★一度失敗したバッチ素材を再利用しないでください。バッチが作れないだけではなく本体の故障の原因となります。
  • ★使用する絵素材の紙は本体セットに同梱されているデザインシートと同等か薄いものを使用してください。デザインシートより厚い紙や固い紙、布などを使用するとカンバッチがうまく出来ないことがあります。
  • ★専用デザインサイトでアップロードできる画像の形式は「.jpg」「.jpeg」「.gif」「.png」となります。
  • ★専用デザインサイトでは、5MB以上の画像データはアップロードできませんのでご了承ください。

本商品(Canバッチgood!本体)をご購入の方へ

  • ★過去に発売されている、『3㎝バッチセット』の素材も引き続きご使用頂けます。
    ※3cm以外の素材セットは使用できませんのでご注意ください。またフォトシールバッチセットやクリアバッチセットの素材も使用できません。

過去Canバッチgood!シリーズ(本体)をお持ちの方へ

  • 過去Canバッチgood!シリーズ(本体)
  • ★上記本体をお持ちの方は、引き続きこちらの素材セットでお楽しみ頂けます。

どこで買えますか?

  • 全国の玩具専門店や量販店・家電店の玩具売場にて販売を行っております。
    (一部対象外の店舗もございますので詳しくはお近くの店舗へお問い合わせください。)
ページトップ